October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

古酒のお客様


当店に、愛知県の酒「米宗」の平成18酒造年度産の純米酒がありました。

 

以前に、この酒をお買い求め頂いたお客様が、すごく良かったとのことで本日再度ご来店を頂きました。

その方のおっしゃるには、ご子息が新しい就職先が決まったので、お祝いに親子でこの酒を飲みたいと思い来られたそうです。

 

いやあ〜、嬉しいですねえ。

 

12年ものの日本酒です。

ビンの底には「オリ」が溜まっていました。

 

もうこの酒は、これで完売しました。

でも、

こういうお客さんに飲んでもらえて本当に良かったです。

 

ありがとうございました。

 

2018.03.31(土)

 

 

 

 

 

 

 

楽しかったと言って頂きました。

楽しかったと言って頂きました。

(初めてご来店頂いたお客様との会話です。)

 

春は、卒業や入学のシーズン。
店にとっては、お世話になった先生にお礼をしなくてはとお酒をお選び頂ける機会でもあります。

 

そんな季節。


お客様の家の近所を流れる「五条川」の名前がついている日本酒があると知って、インターネット上で検索され、娘さんがお世話になった先生へのお礼の品を求めて、ご遠方からわざわざ当店までご来店頂きました。

 

お酒を選ぶ楽しみ。
そのお手伝いが出来てこそ、当店の意味があります。

 

この酒はどうだろう。
やはり、こっちにしようかな。
五条川桜の純米吟醸は購入するとして、あと1本を決める過程が楽しい時間となりました。

 

帰られる時に、とっても楽しかった。

来て良かった。

また、来ます。

と言って頂きました。

 

ありがとうございました。

恩師に喜んで頂けるといいですね!

 

 

2018.03.30(金)

 

 

 

 

 

 

 

 

いい酒って何だろう。

 

いい酒って何だろう。

 

いい家って

いい絵って

いいスーツって

いいクルマって

 

人に例えれば

 

いい営業マンって

いい社長さんって


でもやはり、建築会社を例に取ってみると、いつも「いい家って何だろう。」と考えている人に家を建ててもらいたいと思うわけで・・

 

だからやはり、こうしてお酒や調味料を販売する仕事をしているので、「いい酒って何だろう。」と考えながら取り組むことが大切なのかなと・・。

 

そして、前項のような人に出会っても、それに答えられるようなことも含まれて来るのかなあ〜って思ったりもします。

う〜む。

ちょっと、こうして自問自答する機会を与えてくれたように感じています。

 

ありがとうございます。

 

 

2018.03.24(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本酒が飲みたいけれど・・。

 

(初めてのお客様との会話です。)

 

日本酒がどうも体質的に合わないようなんです。

でも最近、仲間がチューハイとかから卒業して日本酒を飲むようになってきていて、
蘊蓄も言うようになってきて・・。

 

出来れば自分も日本酒を飲めるようになりたいのですが、何かいい対処の仕方ってありますか。

 

う〜む、どうなんでしょうか。

 

周りが最近この酒いいぞ何て言い出したりしてきていたら、それで飲んでみたら、身体がおかしな反応をしてしまう。

困りましたねえ。

 

・・・・・・

 

招徳のやや甘口の純米吟醸をお勧めしました。

この酒は、燗も美味しいお酒なので、常温でも良いしって感じでご購入頂きました。

 

さて、結果はどうなるでしょう。

うまくいって欲しいですが。

祈ってます。

 

2018.03.23(金)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・ジュン甲州2013限定品

 

 

シャトー・ジュン甲州2013

入荷しました。

限定品です。

 

ビンの飾り付けがおしゃれですねえ。

でも、甲州種の熟成ものは、ほんとに実力のある証拠でもあります。

 

シャトー・ジュン甲州のビンテージものです。

お見逃しなく。

 

2018.03.17(金)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

招徳 純米吟醸 小春 720ml 入荷しました。

 

 

軽やかな味わい 米の旨味
ほんのり甘い春の味わい 

 

京都伏見の日本酒

招徳 純米吟醸 小春 720ml


今年の新酒を火入れした商品です。

日本酒度が、マイナス5という数値のやや甘口のお酒です。 

でも、甘ったるいとか、甘さが残るとかありません。
爽やかに美味しいお酒です。
少し冷やしてお飲み頂くのが美味しいのですが、「燗」をして頂いても美味しいです。

 

丸又商店オンラインショップでのご案内はこちら

http://hybreeze.net/SHOP/01027003.html

 

 

2018.03.16(金)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い商店街に出来た日本茶の店に行ってきました。

 

昨日の休日。
名古屋市内は東区の車道という古い商店街に最近オープンして行列が出来ている
日本茶専門の喫茶店に行ってきました。

 

まあ、通りは再開発の途上にあるなあ〜という雰囲気でしたね。
そこに、ビルが建っていこうとしているのではなく、古い建門が撤去されていて、ところどころが更地になっていました。

 

地下鉄の駅から少し離れているのと、土地の所有者の関係からビルを建てていこうとするにはちょっと難しそうな感じです。
でも、それがいいんですよね。

だから、こういう店がオープンしてきている。

 

兎に角、すごいこだわりを持っておられる店でした。
外側に造られた自然な庭のテラス席に座ってお茶をしてきました。

 

市内の中心部にほど近いところで、自然を模した庭が造ってある。
それがこの店の売りの一つになっています。

 

いやあ〜、美味しいお茶でした。

そして、お茶ってすごいなあ〜って再認識しました。
もっと言えば、日本ってすごいなあ〜とも思いました。

 

 

2018.03.14(水)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒って人を幸せな気持ちにさせてくれる。

 

先日、ある知人と焼酎の話になりました。

 

いやあ〜、この間ね。
もう10年以上は経っていると思うんだけれど、貰い物ですっかり忘れていた焼酎が出てきてね。

飲んだら、すごく美味しかったのでびっくりしたんですよ。

すごく幸せな気分になりましたねえ。

 

その時思いましたよ。
お酒って、人を幸せな気持ちにさせてくれんだなあ〜って。

 

造っている人もいいよねえ。
人の役に立っているのだから。

 

私の仕事も人に役立っているかなあ〜って思いますけどね。

 

そういう思いで仕事をしておられるから、美味しい焼酎に出会って幸せな気持ちになるのでしょう。

 

美味しいお酒を案内することは、「幸せのおすそ分け」。

そういう気持ちで酒屋家業に取り組ませてもらえれば、自分も有難いことだなあ〜と思いました。

 

いやあ〜、仕事の原点ですね。

 

 

2018.03.07(水)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今錦 おたまじゃくし 純米生原酒で起きたこと

ここ数日来、お陰様で初めてご来店いただくお客様が増えています。

 

今錦 おたまじゃくし 純米生原酒で起きたことですが、

この酒のことを全く知らずに当店に立ち寄られたお客様が、「へえ、面白そうな酒ですね。」と言って買って行かれました。

すると、数時間後に再度のご来店を頂き、
「いやあ〜、ちょっとした集まりに持っていったら、美味しくって、その参加者から頼まれたので買いに来ました。」
とおっしゃるではありませんか。

 

残っていた最後の1本と「中川村のたま子 純米生原酒」を合わせて3本お求め頂きました。

 

こういう現象が起きることは、酒屋冥利に尽きます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勲碧 純米吟醸 五条川桜あらばしり無濾過生原酒のご案内

 

平成30年3月23日(金)入荷予定です。

 

http://hybreeze.net/SHOP/01011011.html

 

 

 

 

 

 

 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop