December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

以前よりももっと上手に・・

 

お盆も過ぎ、ようやくパソコンの前に座る時間が取れるようになりました。

 

それと同時に、もう何年もの間、取り組むことが出来なかった「コラム」にも向き合わなくてはと思っています。

その為に、以前のブログが、ほったらかしにしてありますからね。

 

しかし、もう4〜5年は経っていますからね。

自分でも、再度スイッチを入れ直すことが出来るのだろうかと不安もありますが、でも反対にこういう時間が流れたからこその思考の変化とかもあるように思います。

 

以前より、もっと上手にお伝えできるようになっていれば、いや、そうならなくてはと思います。

 

お付き合いの程、よろしくお願い致します。

 

 

2018.08.18(土)

 

 

 

 

 

 

 

常連さんとのお酒談義

常連さんとのお酒談義(その1)

 

当店では、「辛口」を謳う日本酒を置いています。
今日は、その中でも少し熟成させた商品(3年程)をお買い上げ頂きました。

 

「辛口」の酒で、しかも数年の熟成をさせている日本酒。

まあ、あまり聞かないですよね。

 

でも、この「辛口」とか「熟成」とかいう言葉の理解と言いますか、旨いという味わいそのものが、ちゃんと伝わっているだろうか。

もう少し、掘り下げてみなくてはいけないなあ〜と思いました。

 

要するに、「熟成」という言葉からの美味しさがあれば、その反対側には「生酒」という言葉でのカテゴリーの美味しさもある。

そこに「辛口」とか「甘口」が入ってくる。

 

2018.08.18(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無窮天穏 ひやおろし

天が穏やかであれば窮することはない。

この言葉から、島根県にある天穏・板倉酒造さんでは、「無窮天穏」という銘柄の酒を販売しています。

そして、この秋

平成29by 無窮天穏 ひやおろし 生もと純米吟醸 五百万石 生詰原酒 1,800mlが数量限定にて発売されます。

価格は4,320円(税込)です。

 

オンラインショップでのご案内はもう少し先になります。

ゴメンナサイ。

 

よろしくお願いします。

 

 

2018.08.16(木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の新規取り扱いボジョレーヌーボー

お盆が過ぎるといつものように「ボジョレー・ヌーヴォー」の予約の案内がスタートします。

さて、今年は新たしい銘柄をご紹介してみようと思います。

仕入れ先からの案内には、何と「幻の入手困難なボジョレー・ヌーヴォー」と記されていました。

あまり、こういうフレーズに目を向けていかないようにしていたのですが・・

他にも、某ワイン漫画に登場して人気の商品とか・・

 

価格は、上記のチラシに3,500円の消費税となっていますが、2,980円の消費税にする予定です。

より、美味しいボジョレー・ヌーヴォーをご案内出来ればと思います。

 

オンラインショップでのご案内はもう少し先になります。

ゴメンナサイ。

 

よろしく、お願いいたします。

 

2018.08.16(木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス料理に日本酒の記事

 

 

東洋経済オンラインに「フランス料理に日本酒」の記事がありました。

 

https://toyokeizai.net/list/genre/business

 

 

 

 

 

 

 

菊石 秋の限定酒 菊花の宴 ご案内

愛知県豊田市の地酒  菊石 秋の限定酒  

秋限定の菊石自慢の純米酒原酒をゆったりと楽しむ

そんな秋のひとときはいかがですか。

 

菊石 純米酒原酒 「菊花の宴」が九月九日重陽の節句に合わせて

発売されます。

 

9月上旬入荷予定!! ご予約受付中!! 

 

菊石 菊花の宴 純米原酒 1,800ml       

3,780円(税込)

 

「丸又商店オンラインショップ」へ>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杜氏さんにご来店頂きました。

 

8月9日(木)

今日は連続して杜氏さんお二人とお話しさせて頂きました。

 

一人は、京都伏見の蔵元、招徳酒造の女性杜氏 大塚真帆さん。
名古屋市の当店までお運び下さいました。
滞在は短い時間でしたが、色々なお話を伺いながら、商品の構成に対してのセンスの良さを感じました。

この9月に販売予定の「招徳 純米 ひやおろし」のラベルデザインも大塚杜氏自らがされていらっしゃるそうです。

仕事が楽しそうで、こういう方の作る酒を売ることはこちらも嬉しくなります。


もう一人は、出雲の蔵元、天穏の小島杜氏です。
ちょうど、大塚杜氏を最寄りの駅まで送って帰宅したところに電話がありました。
もう半年以上も直接の会話をしていなかったのですが、こちらも酒造りへの取り組みは素晴らしいものがあります。

ご自身の目指す日本酒の姿が見えてきた。
そんな印象を抱きました。

 

これから、少しずつでも両杜氏の造る日本酒をご案内できればと思います。
その特性とか、想いとか、伝えらればと思います。

 

よろしくお願いします。

 

2018.08.09(木)

 

 

 

 

 

 

書棚が入りました。

この夏は、もの凄い猛暑が続きますね。
お陰様で、この7月は忙しくさせて頂きました。
その所為でしょうか、今日は、夏バテがピークに達して身体が思うように動かせなくなりました。

 

そんなこんなで、オンラインショップの更新も思うに任せず・・。

 

そんな中、大きなホームセンターに展示してあった小ぶりの「書棚」なのですが、展示品の処分価格で出ていたので購入してきました。

有り難いことです。

一応、スライド式になっていて、本のサイズは限定されますが、ちゃんと収まってくれました。

 

大きなサイズ用の棚も別に購入しました。

 

数ヶ月前に、自分が行う事務作業の場所を変えていたのですが、ようやくこれで少しは整理が付きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日が続きます。

暑い日が続きます。

 

そんな中、なぜか千種区にあります高級飲食店の方が立て続けにご来店くださいました。

 

お話ししていたら、何と、

昼のランチでさえ、予約が数か月も取れないとか。

すごい店がありますね。

う〜む、何だかんだと言ってもやはり千種区の中心部にあるお店さんですね。

 

まあ、千種区内でも当店は、千種区のはずれですから。

そんな遠い当店までお越しくださるようになりました。

 

少しづつ、当店も認知されてきたのかもしれません。

有り難いことです。

 

お酒を評価する基準とでも言いますか、見方、選び方が少しづつ当店と合致してきたのかな。

何て思ったりしています。

 

気持ちよく、日本酒談議、ワイン談義をさせて頂きました。

ありがとうございました。

 

2018.07.14(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペインリオハの赤ワイン

 

 

スペイン産 赤ワイン ハルティン ロッホ 2015 750ml


http://hybreeze.net/SHOP/07056008.html

 

 

 

2018.07.06(金)

 

 

 

 

<<back|<12345678>|next>>
pagetop