December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日本酒とワインについて外人さんとのやり取り(その3)

(続き)

日本酒の原料は「お米」です。

ワインは「ブドウ」です。

この違いは、実は「香り」に対しての捉え方に根本的な違いがあります。

ワインの香りを説明する時、3つの違いから説明がされます。

第一アロマ、第二アロマ、第三アロマという分類がなされています。

第一アロマは、ブドウそのままの香り。

要するにブドウジュースの香りですね。

第二アロマは、アルコール醗酵を経てワインになってからの香り。

一般的に「ブーケ」と呼ばれる香りがこれに当たります。

そして、第三アロマとは、熟成過程に付く樽の香りなどを指します。

「フレーバー」ですね。

この内の第二アロマ、いわゆる「ブーケ」こそがワインを最もワインとして表現しうるものであり、その特質そのものです。

それはつまり、原料のブドウにその要因があるからなのです。

だからこそ、アルコール醗酵を経てワインになった時にそれが現れるということになります。

ならば、日本酒の原料である「お米」に、こういう要素があるのでしょうか。

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

pagetop