April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

樽酒のご注文頂きました。

ここに来て、なぜか樽酒のご注文が3件も続きました。

有り難ないなあ〜。

それでバタバタとしておりました。

 

一件のご注文は、鏡割りのセッティングを行うのですが、今はこの樽の天蓋を先に取っておいて、そして、鏡割りのセレモニーを行います。

「タガを緩める」という言葉がありますが、昔は、このタガを緩めておいて「鏡割り」を行うのが普通でした。

しかし、失敗することもあったりするので、今は天蓋を先にとってから行います。

もちろん、本来のやり方で行う場合もあるでしょう。

 

そして、今回は「三升樽」のご注文も頂きました。

三升とは、1.800mlが3本分、つまり5.4リットルです。

このサイズの木樽を菰で巻いた本荷詰めです。

何とですよ、今はもうこのサイズの樽を作っておられるところ、そう樽屋さんは日本で一軒しかありません。

ホント、貴重品なのです。

お値段は2万円ほどしますから、ちょっと張るといえば張りますが、でも、身内の少人数でのお祝いの席とかで振舞われたら、そりゃあ喜ばれるでしょう。

素晴らしいと思いますよ。

 

でも、こうしてホームページに樽酒を載せておいて良かったなあ。

注文される方に喜んでもらえているような気がしているので、う〜む、こちらも嬉しいです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

comments

   
pagetop