October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ワインの試飲会に行ってきました9月19日(木)

9月19日(木)

昨日に引き続き今日もワインの試飲会に行ってきました。

ドイツワインとオーストリアワインの輸入会社さんが開かれたワイン試飲会です。

そこでは、2つほど驚きのワインに出会いました。

一つは、上代3,000円のピノ・ノワールの赤ワイン。

何とも言えずドンピシャの味わい。

決して出しゃばらず、程よい果実味とエレガントさ。

絶妙なバランス。

素直に美味しいと言えるピノ・ノワール。

3,000円ですと、フランスならブルゴーニュ・ルージュがそれに当たるのですが、多くのブルゴーニュ・ルージュは大手メーカーが大量に造るワインしか輸入されていないので、どうしても大味になってしまいます。

3000円もするのに、何か物足りない。

これなら、もっとお値打ちなワインでいいやとなってしまいます。

それが、ドイツにお値段通りの価値と味わいのピノ・ノワールの赤ワインがあった。

 

もう一つが、オーストリアの赤ワイン。

こちらはもっと衝撃的です。

お値段は4,000円。

おお、いい値段だけれど、さてさて、どんな味。

一見ピノ・ノワールのようで、そこに深みと奥行きが感じられ、練れたタンニンが程よくアクセントになっていて、自然な果実味が美味しさの元になっているような、それでいてエレガントという表現が似合う味。

逆に言えば、ピノ・ノワールでは出せない美味しさがそこにある。

ちょっとビックリして、スタッフを呼びました。

オーストリア独自のぶどう品種、「 ブラウフレンキッシュ」を使って造られている赤ワインだそうです。

いやあ、初めて聞くブドウ品種に、ワインは本当に幅広いんだなあ〜と改めて思いました。

 

 

昨日のコート・デュ・ローヌの赤ワインもすごく良かったし、これは何とか商品を紹介しなくてはいけません。

今しばらくお待ちくださいませ。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

pagetop