August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

酒屋を商っていく上での想い(その6)

(続き6)

最後になりますが、

どんな商品を扱ったとしても、その商品の価値をどう見極めるのか。

それが本来のプロの仕事。

 

お酒は嗜好品だから。

店主がこれが美味しいですよと言っても、「いやあ、ちょっと違うかなあ」と言われたらどうしようもない。

 

この矛盾をどうすれば解決できるのか。

 

しかしながら、そうであってもやはり自らが「良し」とする商品を案内しなければならないと思います。

 

素直

 

やはり最後は、この言葉に尽きるようにも思います。

どんなにマニアックなものでも、あるいは個性的なものでも、そのチェックは難しいけれども、でも「素直」に見て行けば出来るのではないかと思います。

これはね。

つまり、特徴的なものをあえて良しとするような、そういうのがプロなんだという捉え方に疑問を持っているからなのです。

価格に見合った美味しさのチェック。

その酒を美味しく飲むちょっとした提案。

 

旨い酒を旨く飲む

 

そんな飲酒ライフのお手伝いが出来てこそ。

それが「酒屋商い」の価値なのだと思います。

 

長々とありがとうございました。

皆様、今後共よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

comments

   
pagetop