April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

日本酒の辛口と甘口(その2)

(その2)

美味しいなあという感覚は、多くの場合、「甘さイコール美味しい」という概念が一般的ではないかと思います。

その代表がケーキでしょうか。

もちろん甘さが強すぎてはダメでしょうが。
あるいは「とろりとした美味しさ」何ていう表現をすることで、その美味しさを伝えるものもありますね。

もちろん、「辛味を効いていい味だねえ」
何て表現されるものも確かにありますが、しかしそういった「辛いイコール美味しい」という感覚のものは限られると思います。

そんな中、なぜか日本酒はいつまでも「辛口」という表現がイコール「いい酒」「旨い酒」を指しているようです。

何故なのかでしょうか。

 

但し、最近では日本酒のタイプも多様化したため、こういう「辛口」神話もトーンダウンしてきており、もう過去の価値観であるとする意見も聞かれます。

しかしながら、何ゆえにこうして「辛口」神話が存在するのか。

一度検証することにしてみましょう。

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

pagetop