August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ワインと日本酒ってやはり西洋と東洋って見ると分かるような気がします。(その3)

(続き)

少し話が逸れますが、最近の日本酒のラベルに辛口という表現をよく目にするようになりました。

しかしながら、昔から言われる「酒は辛口でこそ」云々という時の「辛口」という捉え方とは微妙に異なっているように感じます。

昔、日本酒の級別制度の頃ですね、この頃はまあ、大雑把に一括りにしても良かった時代。

こういう時の「辛口」というニュアンスは、「べたっとした甘さ」がダメでしょ。

という対比からだったと思います。

しかし、今、甘口を謳っても、そこから「べたっとした甘さ」を連想する方はいらっしゃらないと思います。

なので、あえて「辛口」を謳い文句にする必要があるとは思えない訳です。

でも、最近「辛口」を商品名に付けて新発売されてくるのは何故。

ここも次いでにと言っては語弊がありますが、でもちょっと一緒に考えてみようと思います。

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop